LINEで送る
Pocket

メイクが上手な人ほどブラシを使ってメイクをします。
ファンデーションをブラシで塗るのと、パフや指で塗るのとでは仕上がりにどんな違いが出るのでしょうか。
ブラシの上手な使い方や塗り方などを紹介しますので、ぜひ参考にしてプロのメイクに少しでも近づきましょう。

メイクが上手な人ほどブラシが必要

ブラシを使ってメイクをしているプロの方達は、色々な種類のブラシを使い分け、手際よくメイクをしていますよね。
さすがプロ。そんなふうに思ってしまいます。
でも、プロだからたくさんのメイクブラシを揃えてメイクをしている訳ではないのです。
プロに限らずメイクが上手な人ほど、ブラシを使うメリットをきちんと知っていて、ブラシを使っているのです。

ではファンデーションを塗る時に、ブラシで塗るのとパフや指で塗るのではどんな違いが出るのでしょうか。

ブラシを使うメリットは色ムラなく均一な肌を比較的簡単に作れるというところです。
そして、何といってもスポンジでは出せないツヤを出せるので、透明感のある肌に仕上げることができます。
スポンジや指ではこのツヤや均一感を出すことは難しいので、メイクが上手な人ほどブラシを使ってファンデーションを塗るのです。

パウダーファンデーションブラシの上手な使い方

パウダーファンデーションはパフやスポンジではなく、ブラシを使うととても軽い付け心地でムラがなく透明感が出ます
ブラシは大きめで柔らかいブラシがオススメです。

メイク前にきちんと保湿をし、乾いてからファンデーションを塗り始めます。
乾いていない状態で塗り始めると、パウダーファンデーションが乾いていない部分にたくさんついてムラになってしまいます。

まずブラシにパウダーファンデーションを含ませ、一度余分についている粉を軽く落とします。肌がきちんと乾いているか確認した後に、頬→額→鼻・口まわり→目のまわりの順で伸ばしていきます。
パウダーファンデーションが肌によく馴染むように内側から外側ブラシを小さく回転させるようにつけていくのがコツです。

しっかりファンデーションを塗りたい場合は、肌の上にブラシを置くようにつけます。
シミやニキビ跡をカバーしたい場合は、小さいブラシを使って肌に置くようにつけると上手くカバーできます。

最後に余分についたファンデーションを落とすことでよりナチュラルなメイクに仕上がります。

リキッドファンデーションブラシの上手な使い方


リキッドファンデーションもパウダーファンデーション同様にブラシで塗るとムラなく塗ることができます。
パウダーファンデーションと違いリキッドファンデーションはブラシで塗るイメージがないかもしれませんが、ブラシで塗ることで毛穴の凹凸部分をきれいに塗ることができてメイクも長持ちし、毛穴やシワが目立たないように仕上げることができます
手やスポンジを使っている人は一度ブラシを活用してみてください。
硬めでコシのあるブラシが使いやすくてオススメです。
塗り方は、手の平や甲にリキッドファンデーションを出し、ブラシの両面にまんべんなく含ませ、ブラシの片面で左の頬を、もう片面で右の頬を塗っていきます。
そうすることで左右ムラのない仕上がりになります。
塗る順番はパウダーファンデーションと同じで頬→額と面積が大きい場所から伸ばしていきましょう。

鼻まわりはブラシで塗った後にスポンジで抑えるときれいに仕上がります。
目元は崩れやすいので極力薄く塗り、上まぶたから下まぶたの順で塗りましょう。

最後はブラシの筋が見えなくなるように少し湿らせたスポンジで馴染ませ、ティッシュで顔を抑えてルースパウダーをふんわりかければ完璧なリキッドファンデーションメイクの完成です。
 
 
ブラシは今では、プロのみが使うメイク道具ではありません。
ブラシを使ってファンデーションを塗ることで色ムラがなく透明感のあるきれいな仕上がりになりますので、ブラシを使ってメイク上手になりましょう。

LINEで送る
Pocket