LINEで送る
Pocket

皆さんは、メイクをする際に化粧下地を使っていますか?最近は下地がいらないBBクリームなどもあり下地を使わない方も多いと思います。そもそも「化粧下地って何?」と思っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。
今回は、化粧下地についてご紹介します。化粧下地の役割がわかると明日からのメイクが変わるはずですよ。

化粧下地の効果

化粧下地の効果をおさらいしてみましょう。挙げてみると様々な効果があります。
・ファンデーションのノリを良くする
毛穴の凹凸やシミ、くすみをカバーする
・毛穴の余分な皮脂を抑えてテカリを防止
・皮脂を抑えて化粧崩れを防ぐ
・商品によってはコントロールカラーとして肌色を調整できる
・紫外線や乾燥といった外的刺激から肌を保護してくれる

化粧下地はお肌を守る

化粧下地とファンデーションは役割がそれぞれ違います。ファンデーションは顔料を使い外見をきれいに見せる為に使用します。それに対して化粧下地はお肌を外からのダメージから守る役割があります。ファンデーションも外からの刺激のひとつですので、化粧下地をつけてからファンデーションをするほうがお肌にとっても良いのです。
プロのメイクアップアーティストでも化粧下地を使わない時があります。それは化粧下地がメイクを邪魔するおそれがあるからです。例えばイベントなどでモデルさんにメイクをする際はお肌を守るよりきれいに作品を作る事が優先されるので、ファンデーションのみでベースメイクを作る事があり、イベントが終わればすぐにメイクオフします。しかし私たちは日常で朝から夜までメイクをしていて、ファンデーションを肌に乗せている時間が長いため化粧下地がとても大切になってきます。直接ファンデーションを塗り続けると、どんどんお肌のダメージが大きくなる可能性がありますので注意しましょう。

一本で下地効果もあるファンデーションは?

最近はBBクリームをはじめ、一本で下地効果もファンデーション効果もある製品があります。このような商品はメーカーによって考え方が違いますが、大きく2つのパターンがあるようです。
1つは下地に顔料を入れているパターンです。基本的には、下地の処方の為、お肌にもやさしくナチュラルなメイクになると思います。
もう1つはファンデーションの処方に美容成分を配合し下地効果を引き出しているパターンです。こちらは逆にファンデーションに近い処方になっている為、しっかりとメイクができると思います。
化粧品には「種類別名称」の記載が義務づけられていますので、商品に(化粧下地)、(ファンデーション)、(メイクアップベース)などと記載しています。そこで各メーカーの処方がどちらのパターンなのか参考になると思います。もちろんファンデーションに近い処方の場合は、別に下地を使用したほうが良いでしょう

下地選びはスキンケア選びに似ている

57_makeupbase3きれいなお肌を維持する為にはスキンケアが欠かせません。人それぞれお肌の悩みや、肌質が違うので自分にあったスキンケアを選ぶ際は慎重になるはずです。逆に化粧下地は、その後ファンデーションを塗るからファンデーションと相性が良かったらそれで良し、としてしまう事も多いかと思います。でも、実はファンデーションより化粧下地選びのほうが重要です。どのアイテムよりも長時間お肌に直接つけている化粧下地は、スキンケアと同じぐらいお肌にとって大切なのです。肌トラブルの原因にもなります

メイクをよりキレイに仕上げる為に、自分の肌に合った化粧下地を見つけることが美肌への第一歩です。今使っている化粧下地を見直してみて、ベースメイクを楽しんでください。

まるでスキンケアのような化粧下地
LINEで送る
Pocket